# gem "ActiveAdmin" について

ActiveadminとはModelに設定したパラメータを利用してCRUDをサポートする画面を容易に作ってくれるgem。 公式ページには、

Active Adminは、管理スタイルのインターフェースを生成するためのRuby on Railsプラグインです。これは、一般的なビジネスアプリケーションパターンを抽象化して、開発者が非常にわずかな労力で美しく洗練されたインターフェースを簡単に実装できるようにします。
1

って書いてある。

deviseとcancancanと連携して使うらしい。

# 使用方法

gem 'activeadmin', github: 'gregbell/active_admin'           #1
gem 'devise'
1
2

#1の書き方は、定型だから、Gemfileにこうやって書いたほうがいい!

まぁ、いろいろとgemを使い始める定番といえば、、、 インストーラのインストール!

rails g active_admin:install
1

を実行! すると、

app/admin/admin_user.rb
app/admin/dashboard.rb
app/assets/javascripts/active_admin.js.coffee
app/assets/stylesheets/active_admin.css.scss
app/models/admin_user.rb
1
2
3
4
5

が生成される。 AdminUserモデルのmigrationファイルが生成され、seed.rbに初期ユーザのseedが追記されているので反映 この際、初期管理者ユーザのmail, P/W は以下を編集しておけば変更できる

AdminUser.create!(email: 'admin@example.com', password: 'password', password_confirmation: 'password')
1

それらを確認した後に、 rake db:migrate を行う、、、と active_admin_comments と admin_users の二つのテーブルが作成される。 rails sでサーバー立ち上げて、https://localhost:3000/admin にアクセス。

Email : admin@example.com
Password : password
1
2

を入力すると, ログイン可能。

# 参考

  • https://qiita.com/hkusu/items/3b0fb7f94a254e2ed6fd
  • https://qiita.com/MariMurotani/items/aed93986e29249fd65e5 公式ページ
  • https://activeadmin.info/ Gitのリファレンス
  • https://github.com/activeadmin/activeadmin